千⽯駅の⼀般⻭科・⼩児⻭科・⼝腔外科

MENU

一般歯科・小児歯科

GENERAL / PEDIATRIC

GENERAL DENTISTRY一般歯科

患者さまの希望をカウンセリングし、プランニングしていきます。
最新機器と確かな技術を提供します。

むし歯の原因

むし歯

むし歯は原因菌が酸を出し、歯を溶かすことで起こります。

プラーク(歯垢)の中に潜んでいるむし歯の原因菌は、糖を栄養にして酸を出します。その糖の元となるのが食べかすです。
食事後の歯磨きがしっかりできていないと、食べかすを栄養にして、菌はどんどん酸を作り出し、むし歯になりやすい状態を作ります。
人の唾液には酸を中性にしたり、溶かされた歯を修復する働きがありますが、一度むし歯になると、修復が間に合わず進行してしまいます。

むし歯は、以下の3つの要素が原因であると言われています。

1.歯質
歯質は一人ひとり異なります。歯質を強化するためには、歯の再石灰化を促進するフッ化物を利用したり、唾液の分泌を促進するためによく噛むことが大切です。
2.細菌
口内のプラーク(歯垢)内の原因菌を減らすことが大切です。
効果的にプラークを落とせるように、ご自身に合ったブラッシング方法でしっかり歯磨きをすることが大切です。
3.糖分
糖分の多い間食が増えると、口の中が酸性になり、むし歯になりやすい状態になります。
間食を控える、糖分の少ないおやつを選ぶ、バランスのとれた食生活を送るといった心がけが大切です。

むし歯はこうして進行します

初期のむし歯

C1初期のむし歯

歯の表面のエナメル質がわずかに溶けている状態です。
まだ痛みもなく、定期検診で見つけることができた場合、早期に対応できます。適切な歯磨きやフッ素塗布などで歯の再石灰化を促せば、削らずに済んだり、治癒できるケースもあります。

歯の内部まで進行したむし歯

C2歯の内部まで進行したむし歯

エナメル質の内側にある象牙質にまで溶解が進んだ状態です。「冷たいものがしみる」といった症状で自覚できます。
むし歯に冒された部分の歯を削り、削った大きさに合わせて詰め物や被せ物で治します。

神経まで進行したむし歯

C3神経まで進行したむし歯

むし歯が歯の内側の神経まで達した状態です。
「冷たいものがしみる」「噛んだとき痛む」といった症状が加わり、後に激しい痛みに変わります。神経を取り除く治療を行い、被せ物で治します。

歯の根(歯質)が失われた歯

C4歯の根(歯質)が失われた歯

歯冠の大部分が溶けてなくなり、むし歯が歯根まで到達した状態です。
神経が死んで一時的に痛みがなくなりますが、進行して歯根の先に膿が溜まると再び激しい痛みが生じます。
抜歯を行い、抜歯後はインプラントやブリッジ、入れ歯で噛む機能を回復させます。

むし歯かなと思ったら

むし歯

冷たいものや温かいものを食べると歯が痛い、歯が黒くなっている、噛み合わせると違和感があるなどの違和感を感じた場合、まずは早めに受診をしましょう。
むし歯は一度なってしまうと自然に治ることはなく、どんどん進行していきます。
早期の発見と治療をすることがご自身の歯を保存することにつながります。

来院後の流れ

問診

1.問診

現在の症状やこれまでの経過などお伺いさせていただきます。

検査

2.検査

拡大鏡を用いて診察し、状態を確認します。
X線写真やCT撮影を行い、むし歯の進行状況を確認します。

診断

3.診断

現在のむし歯の進行状況を説明用ツールや口腔内写真を用いて分かりやすくお伝えします。
今後の治療方法や治療回数など患者さまのご希望をカウンセリングし、最適な治療方法をご提案いたします。

治療

4.治療

むし歯の大きさにあった適切な治療を行います。

メインテナンス

5.メインテナンス

再びむし歯が再発しないよう、定期的なメインテナンスをおすすめいたします。

治療材料

むし歯の進行状況によって治療材料は変わります。

コンポジットレジン修復 コンポジットレジン修復

特徴

白いプラスチックの材料です。
小さいむし歯や咬む面に限局したむし歯が適応です。

メリット

  • ・保険診療で白く修復が可能です。

デメリット

  • ・プラスチックですので、変色や強度の低下など経年的に劣化します。
メタルインレー修復 メタルインレー修復

特徴

金属(いわゆる銀歯)の材料です。
象牙質まで進行したむし歯や隣接面にできたむし歯が適応です。

メリット

  • ・強度があり、保険診療です。

デメリット

  • ・見た目が劣ります。
  • ・経年的に劣化し、汚れがつきやすくなります。
  • ・接着させるセメントが劣化しやすく、2次虫歯(詰め物の内面で気付かないうちに再度できてしまうむし歯)になる可能性があります。
セラミックインレー セラミックインレー

特徴

全てセラミックで出来ているインレーです。
象牙質まで進行したむし歯や隣接面にできたむし歯が適応です。

メリット

  • ・天然歯にかぎりなく近い色なので最も審美性に優れており目立ちません。
  • ・生体親和性に優れています。
  • ・変色がありません。
  • ・プラークが付着しにくく2次虫歯になりにくい素材です。
  • ・金属アレルギーの心配がありません。

デメリット

  • ・自費診療となります。
ジルコニアインレー修復 ジルコニアインレー修復

特徴

ジルコニアというダイヤモンドより硬い材料です。
象牙質まで進行したむし歯や隣接面にできたむし歯が適応です。

メリット

  • ・天然歯に近い色なので目立ちにくいです。
  • ・強度が高いため割れる心配が少ない素材です。
  • ・金属アレルギーの心配がありません。
  • ・生体親和性に優れています。
  • ・変色がありません。
  • ・プラークが付着しにくく2次虫歯になりにくい素材です。

デメリット

  • ・素材が固いので、咬み合う歯を傷つけることがあります。
  • ・セラミックインレーと比較して透明感は劣ります。
  • ・自費診療となります。
ゴールドインレー修復 ゴールドインレー修復

特徴

金属(いわゆる金歯)です。
象牙質まで進行したむし歯が適応です。

メリット

  • ・金属アレルギーが少なく、体への馴染みが良いです。
  • ・2次虫歯のリスクが少ないです。
  • ・展性、粘性に優れており、噛み心地が天然歯と同等です。
  • ・歯の切削量が少なくて済みます。

デメリット

  • ・自費診療となります。
  • ・見た目が劣ります。

片桐デンタルオフィス千石の治療の痛みに対する配慮

歯の治療で最も辛いと感じるのは治療中に痛みを伴うことだと思います。
当院では可能な限り痛みを感じないようさまざまな配慮をしております。

  1. 表面麻酔を使用します。

    歯肉に塗り浸透させることで、麻酔時に針をチクッと刺される瞬間の痛みを軽減します。

    ハリケインゲル

  2. 一番細い針を使用します。

    注射針は最も細い針(33G)を使用します。
    刺入時の痛みを最小限に抑えることができます。

    33G注射針

  3. 麻酔薬を人肌に温めて使用します。

    麻酔薬の温度が体温より低いと注入時に痛みを感じます。
    当院では、カートリッジウォーマーを使用し人肌に温めたものを使用します。

    カプリ(モリタ社)

片桐デンタルオフィス千石の一般歯科の特徴

  • 初診時に「歯の状態の説明書」をお渡しします。
  • 口腔内カメラを用いて歯の状態を確認していただけます。
  • 説明用ツールを用いてむし歯の進行状況や治療内容を分かりやすく説明します。
  • できる限りご自身の歯を保存できるように努めます。
  • 拡大鏡を用いて適切な診断と正確な治療を行います。
  • 痛みに配慮した治療を心がけています。

PEDIATRIC DENTISTRY小児歯科

むし歯にさせない、歯を失わせないために継続的なメインテナンスを行います。ホームケアの指導もいたします。

お子さまの歯はいずれ生え変わるからといって、むし歯やお口の気になる症状を後回しにしていませんか?

乳歯は永久歯の大切な道しるべの役割を持っていたり、かみ合わせやあごの発育などは全身にも影響します。
お口はもちろん、お子さまの全身の健康を守るためにも、歯科医院と一緒にお口の健康管理を行っていくことが大切です。

乳歯の重要性

小児歯科

乳歯は丈夫な永久歯が生えるための準備の役割や、永久歯を正しい位置に導くといった役割があります。その他にも、顎の骨の成長、知能の発達、正常な噛み合わせにも影響を与えます。

お子さまの歯はとてもデリケートです

乳歯は永久歯と異なり、柔らかく、むし歯になると進行も早いことが特徴です。
乳歯がむし歯になると、永久歯もむし歯になるリスクが高まるため、予防することが非常に大切です。
また、永久歯も生えたての時期は表面が粗く、むし歯になりやすい時期ですので、気を付けましょう。
むし歯かな?と思われたら、お早めにご相談下さい。

むし歯になりにくい口へ

生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中は無菌状態で、むし歯菌も存在しません。

では、なぜむし歯になるのでしょうか?

むし歯は「感染症」です。つまり、お口のスキンシップなどを通じて周囲の人からお子さまにむし歯菌が移り、むし歯に感染してしまうのです。

むし歯菌に感染しやすい時期は、生後1歳7ヶ月~2歳7ヶ月の間と言われています。この1歳7ヶ月~2歳7ヶ月の間に、周囲の人と同じ箸やスプーンを使わない、噛み与えをしないなどのお口のスキンシップを控えることで、むし歯に感染するリスクを減らすことができます。

普段の生活でお口の健康のために意識してほしいこと

  • 甘いおやつやジュースは砂糖を使わないものにする
    (キシリトール入りのお菓子、かぼちゃやさつまいもをふかしたもの、麦茶など)
  • 食べ物はよく噛んで食べさせる
  • 食べ終わった後はすぐに歯磨きをする
  • 歯を磨けない場合には水や砂糖の入っていないお茶でお口をゆすぐ など

むし歯の予防

歯磨き指導

1.歯磨き指導

お子さまが歯磨きを好きになるように丁寧に指導いたします。
歯磨き、ブラッシング指導では、むし歯を防ぐために効果的なブラッシング法を楽しみながら、歯科衛生士が丁寧に指導していきます。

フッ素塗布

2.フッ素塗布

萌出したばかりの乳歯は歯質がまだ脆弱なため、歯の表面にフッ素を塗布することにより、唾液中に含まれるミネラルを取り込みやすくすることで再石灰化を促進します。

シーラント

3.シーラント

むし歯になりやすい奥歯の溝の部分にプラスチックを流し込み、むし歯の予防をする処置です。歯を削らずに行えるため、痛み無く治療できるのが特徴です。

お子さまの癖が歯並びに及ぼす影響

次のような日常の中で無意識に行う癖や習慣が歯並びに影響してしまうことがあります。

  • 指しゃぶり
  • 片側噛み
  • 舌癖
  • 口呼吸
  • 頬杖
  • うつ伏せ寝 など

転倒して歯をぶつけたとき

お子さまは転びやすく、大人と違って反射的に手が出ないため顔から地面にぶつかってしまいます。状況に応じて、次の通り対処して下さい。

  • 1
    歯が抜けてしまった
    抜けた歯をきれいに洗い、水や牛乳に入れ直ちに歯科を受診して下さい。元に戻る可能性があります。抜けた歯は絶対に乾燥させないで下さい。
  • 2
    歯がグラグラになったり、埋もれてしまった
    隣の歯とボンドやワイヤーで固定すれば元に戻ることがありますので、早期に歯科を受診して下さい。
  • 3
    歯が折れてしまった
    神経が露出している場合がありますので、早期に歯科を受診して下さい。
  • 4
    歯がピンクがかっていたり、黒くなってきた
    強い衝撃を受けた歯は充血しピンクがかってきたり、数日〜数週間で歯の神経が死んでしまい、黒く変色してくることがあります。放置しておくと歯の根っこに膿みがたまり痛みを感じたり永久歯に影響することがあります。

一見なんともなかったり、変色の判断がつかない場合にも、早期に歯科を受診して下さい。

片桐デンタルオフィス千石の小児歯科の特徴

片桐デンタルオフィス千石小児歯科キッズスペース

  • 口腔外科認定医が外傷歯の的確な診断と治療を行います。
  • フッ素塗布は無料で行います。
  • 子供用の歯ブラシとフロスを無料でお渡しし、ブラッシング指導を行います。
  • 治療は強制的に始めるのではなく、環境や器具に慣れることから始めます。
  • むし歯が再発しないように定期的なメインテナンスをおすすめいたします。
  • アニメが流れるモニターやおもちゃなどを完備したキッズスペースがありますので、治療の前後に楽しくお過ごしいただけます。
  • 現役ママである女性歯科医師が在籍しています。お気軽にご相談下さい。