千⽯駅の⼀般⻭科・⼩児⻭科・⼝腔外科

MENU

インプラント・歯科口腔外科

IMPLANT / ORAL SURGERY

IMPANTインプラント

インプラント

インプラント治療は、歯を失った場所の顎の骨の中にチタンでできた人工の歯根を埋めこみ、それを土台として歯冠をかぶせる治療法です。

顎の骨の中に直接結合しているため、天然の歯とほとんど変わらない感覚で物を噛んだり会話を楽しむことができ、見た目にも綺麗です。
また、入れ歯やブリッジなどの治療法と違い、残っている歯に余計な負担がかからないため、ご自身の残りの歯を長くもたせることができます。
現在使っている入れ歯が合わない、煩わしいなどのお悩みをお持ちの方にもおすすめです。

インプラントの特徴

インプラントに使われるチタンは、アレルギーも少なく、かみ合わせに耐えられる強度があります。チタンと骨は結合するため、しっかりと顎に固定され違和感がなく、天然の歯と変わらないかみ心地を実現できます。

また、残っている他の歯を削ったり、装置を付けたりすることもありません。
他の歯に負担をかけずに治療ができることも大きな特徴です。

他の治療法との違い

インプラント インプラント

治療法

歯を失った場所の歯槽骨にインプラントと呼ばれるチタン製の歯根を埋め込み、人工の歯冠をかぶせる治療法です。

メリット

  • ・他の残っている歯への負担が非常に少ない
  • ・見た目・かみ心地ともに天然の歯とほぼ同じ

デメリット

  • ・他の治療に比べて最初にかかる治療費が高額になる
  • ・治療期間が長い
ブリッジ ブリッジ

治療法

失った歯の両隣の歯を削って土台とし、そこに橋を渡すように人工の歯をかぶせる治療法です。

メリット

  • ・天然の歯に近い使用感で、違和感が少ない

デメリット

  • ・健康な歯を削る必要がある
  • ・削った歯がむし歯や歯周病になるリスクがある
部分入れ歯 部分入れ歯

治療法

部分入れ歯とは、失った歯の代わりになる人工の歯を作り、残っている隣の歯を支えに金属などのばねをひっかけて固定する治療法です。

メリット

  • ・適用条件が厳しくなく、多くの場合で治療が可能

デメリット

  • ・固定のばねが目立ち、見た目が悪い
  • ・装着に違和感があることが多い
  • ・支えになる歯がむし歯になるなどの負担がかかりやすい
総入れ歯 総入れ歯

治療法

総入れ歯とは、歯が一本も残っていない場合の治療法です。プラスチックの土台にすべての歯を補う人工歯を固定し、それを歯茎に装着します。

メリット

  • ・取り外しが容易なので口腔内を清潔に保ちやすい

デメリット

  • ・歯茎が痩せるため、数年ごとの作り替えが必要
  • ・装着の違和感、話しにくさがあることが多い

片桐デンタルオフィス千石のインプラント治療の流れ

カウンセリング

1.カウンセリング

当院では十分なカウンセリングやお口の状態を確認しながら、インプラント治療が患者さまのお悩みを解決する最適な治療であるかを検討いたします。

精密検査

2.精密検査

患者さまの全身状態や生活習慣、お口の状態を把握させていただきます。レントゲン検査(CT撮影)、口腔内写真、模型など精密な検査を行います。全身的なご病気をお持ちの方や常用薬のある方は必要に応じて内科主治医に意見を伺うこともあります。
※検査結果次第でインプラント治療を受けられない場合もありますのでご了承下さい。

治療計画

3.治療計画

精密検査結果をもとに最適なインプラント治療をご提案いたします。インプラント治療の術式、治療にかかる期間、費用などについてご説明いたします。ご不明な点はお気軽にご質問下さい。

術前処置(クリーニング)

4.術前処置(クリーニング)

インプラント治療を開始する前にできるだけ口腔内の環境を整えます。1人ひとりに応じたブラッシング指導を行い、生活習慣の改善についてもアドバイスいたします。

インプラント埋入術

5.インプラント埋入術

フィクスチャーというインプラント体をあごの骨に埋入する手術を行います。骨の状況によっては骨を人工的につくる治療も行います。また、安全のため術前にコンピューター上で埋入位置をシミュレーションしガイドを作製することもあります。
※ご希望に応じてリラックス麻酔(静脈内鎮静法)を併用することが可能です。

オッセオインテグレーション

6.オッセオインテグレーション

インプラントが骨としっかり結合する(オッセオインテグレーションが得られる)までしばらく待機します。インプラントの種類、骨の状況、年齢などで個人差はありますが、約2〜6ヶ月です。

 2次処置(症例によっては省略できることがあります)

7. 2次処置(症例によっては省略できることがあります)

骨と結合したインプラントに器具を装着するための処置を行います。

上部構造(被せ物)の製作

8.上部構造(被せ物)の製作

上部構造を製作するために精密な型取りを行い、上部構造(被せ物)を装着します。

メインテナンス

9.メインテナンス

インプラントを長持ちさせるには細菌のコントロールと不良な咬合力のコントロールが不可欠です。インプラントの状況を確認するために、3~6ヶ月に一度の定期検診が必ず必要になります。

ORAL SURGERY歯科口腔外科

歯科口腔外科認定医によるX線写真、CT読影で確かな診断を行います。親知らずの抜歯を得意としています。

歯科口腔外科は、歯科一般が対象とするむし歯や歯周病以外のお口周りの疾患を対象としています。
治療内容は以下内容をはじめとして、多岐にわたります。
歯、歯ぐきだけでなく、唇、舌、顎などお口周りの気になる症状がありましたらお気軽にご相談下さい。

抜歯

ひと言に抜歯と言っても、親知らずの抜歯、矯正のための抜歯、むし歯や歯周病などの病気やケガなどでやむを得ず行う抜歯など、様々あります。
当院では経験豊富な口腔外科認定医が適切な診断のもと、安心・安全に抜歯を行っております。

親知らず

親知らずとは永久歯の1番最後に生えてくる歯になります。
一般的には10代後半〜20代の年齢で生えてきますがもっと遅い人や、すでに生えている永久歯にぶつかって埋まったまま生えてこない人、生まれつき親知らずがない人もいます。

親知らずによるさまざまな症状

腫れ

磨きにくいことによりプラークと言われる汚れがたまり歯肉に炎症を起こし腫れたり膿がたまったりします。腫れが大きくなると頬まで腫れたり口が開けづらくなることもあります。

痛み

親知らずの痛みは原因によって分かれます。横向きの親知らずの場合、親知らずだけではなく手前の永久歯までむし歯になるケースがあります。歯肉の炎症による痛みは腫れと併せて生じるので上記のとおり膿みがたまったり痛くて口が開けづらくなることがあります。

頭痛、肩こり

親知らずによる歯肉の炎症の場合、頬粘膜にまで炎症が波及し隙に入ったりすると頭痛や肩こりなどが生じることがあります。

よくあるご質問

親知らずって抜いた方がいいの?
まっすぐ生えていてむし歯や歯周病もない健康な親知らずであれば必ずしも抜歯する必要はありません。ただし、斜めや横向きの親知らずでむし歯や腫れるリスクの高いもの、歯並びに影響を与えうるものについては抜歯することをお勧めいたします。一方、歯の移植等に使えることもあり、場合によっては抜かずにとっておいた方が良いこともありますのでご相談下さい。
抜いたあとどれくらい腫れるの?
まっすぐ生えている親知らずであれば腫れと痛みはそれほど出ないことが多いです。歯肉に埋まっているものについては3日程度の腫れや痛みが出るとお伝えしていますが個人差があります。当院では口腔外科認定医がなるべく侵襲の少ない抜歯を行っております。
抜いたあとのリスクはあるの?
術後の腫れや痛みに対しては鎮痛薬および抗菌薬にて対応します。また、上顎での親知らずの抜歯において、上顎にある上顎洞という空洞と親知らずとの間の骨が薄い場合に穴が開くリスクがあります。この場合、適切な処置を行えば多くは自然に閉鎖しますが、まれに上顎洞炎(いわゆる蓄膿症)が起きることがあります。この場合も適切に処置を行います。下顎の親知らずの場合は下歯槽神経という神経と近接していることがあります。この神経に何らかのダメージがあった場合、まれに下歯槽神経麻痺が生じることがあります。通常は投薬によって改善することがほとんどですが、治癒までの期間には個人差があります。当院では神経との近接が予想される場合、CTにて正確な位置を把握することが可能です。
抜歯当日に気を付けることは?
抜歯当日は血行が良くなること(飲酒、運動、入浴)は避けていただきます。なお、シャワー程度でしたら問題ありません。また抜歯当日は強いうがいは避けて下さい。抜歯を行ったあと、通常、抜歯窩(歯を抜いた穴)は血餅(血液が餅のように固まったもの)で満たされ治癒していきます。しかし、この血餅が十分に形成されなかったり強いうがいなどで脱落すると、ドライソケット(歯槽骨が露出し、しみるような強い痛みが伴うこと)が生じることがあります。この場合は適切に対応いたします。
抜歯するのに恐怖心が強いのですが?
当院では歯科麻酔専門医によるリラックス麻酔(静脈内鎮静法)をしながら抜歯を行うことが可能となっております。まずはお気軽にご相談下さい。

顎関節症

下記は顎関節症の3大症状といわれています。

  • 口を開けるとき、耳の前あたりでカクッというような音がなる
  • 口が開きにくくなった
  • 口を開けたり閉じたりするときに顎が痛む

顎関節症の原因と治療法

顎関節症の原因は明らかにされていませんが、多くの因子が関係していると言われています。神経系の異常、外傷、歯ぎしりや噛みしめ等の習癖、精神・心理的因子、咬合(咬み合わせ)の異常、その他の因子です。中でも最も一般的な原因は日中、睡眠中のくいしばりが考えられています。日中のくいしばりに対しては、くいしばりが原因になっていることを理解してもらい、それを止めるように指導します。睡眠中の歯ぎしりは関節への負荷を軽減させる目的でマウスピース(スプリント)による治療が一般的です。その他、開口訓練やマニュピレーションといったストレッチやマッサージによる治療法もあります。まれに重症化している場合には専門病院をご紹介させていただくこともあります。

TCH=(Tooth Contacting habit)

普段の生活で、食事をしている時やスポーツで歯を食いしばっている時など以外の、何もしていないとき、人の上と下の歯は全く接触していません。この状態を、下顎安静位と言います。本来上下の歯は会話や食事という動作をするときに瞬間的に触るだけで、その接触時間をすべて足しても1日に20分以下といわれています。パソコン業務の方やスマートフォンを操作する際に無意識に上の歯と下の歯を当てていたり噛みしめている方は要注意です。たとえ強く噛みしめていなくても、上下の歯を軽く接触させただけで、その情報が脳に伝達され、口を閉じる筋肉に信号を送ります。咬筋や側頭筋といった口を閉じる筋肉が緊張の状態であることが、顎関節症や歯ぎしり・くいしばりの原因になるといわれています。このような自覚症状がある方は一度ご相談下さい。

口腔粘膜疾患

お口のなかには口内炎をはじめ、以下のようなさまざまなできものが生じます。当院では経験豊富な口腔外科認定医が正確に診断し、それぞれに応じた対処法をご説明させていただきます。

  • 再発性アフタ
  • ウイルス性口内炎(口唇ヘルペスなど)
  • 手足口病
  • 口腔カンジダ症
  • 白板症
  • 扁平苔癬
  • 良性腫瘍(乳頭腫、繊維腫、血管腫など)
  • 悪性腫瘍(癌) など

片桐デンタルオフィス千石の口腔外科の特徴

  • 経験豊富な口腔外科認定医が適切な診断のもと、安心・安全に抜歯を行います
  • 神経との近接が予想される場合などは事前にCTにて正確な位置を把握してから安全に抜歯を行うことができます
  • 恐怖心の強い方にはリラックス麻酔(静脈内鎮静法)を併用して抜歯を行うことが可能です
  • 顎関節症や口腔粘膜疾患にはさまざまなタイプがありますが、正確に診断し適切な治療法をご提案します
  • 高度医療機関と連携医のため、必要に応じて専門病院へのご紹介も可能です