千⽯駅の⼀般⻭科・⼩児⻭科・⼝腔外科

MENU
求人のご案内

マタニティ外来

MATERNITY

MATERNITYマタニティ外来

妊娠中はホルモンバランスの変化によってむし歯や歯周病になりやすくなります。妊娠中は適切なタイミングで適切な治療を行う必要があります。
また、妊娠中の方だけでなく、そのご家族や妊娠をお考えの方にも受診をおすすめいたします。

妊娠中にお口の中におこる変化

1.むし歯ができやすくなります

原因は?
  • ホルモンバランスの変化によって唾液が粘っこく、酸性に傾くためお口の中の細菌が増えます。
  • 妊娠初期や妊娠後期は食事を小分けに何度もたべるようになることがあり、お口が汚れやすくなります。
  • 「つわり」による体調不良で歯磨きが困難になったり、嘔吐したりすることでお口の環境が悪くなります。

新しいむし歯ができるというよりは、今まであったむし歯が大きくなることが多いです。

2.歯周病になりやすくなります

原因は?
  • 女性ホルモン(エストロゲン)の分泌が盛んになり、このホルモンを好む細菌が増えます。

重度の歯周病は肺炎や糖尿病など全身へ影響を及ぼします。また歯周病は陣痛を促すプロスタグランジン産生を促進するため、早産による低体重児出産の原因になるといわれています。

妊娠中の治療時期

妊娠中の治療時期

一般的に治療可能なタイミングは妊娠中期(妊娠5〜7ヶ月、16〜27週)です。
妊娠期間や状態によって使用できるお薬が制限され治療が難しいことがあります。

受診の際には妊娠していること、何週目なのか、お母さんの体の健康状態、産婦人科の先生の意見等をお伝え下さい。

赤ちゃんの歯のために妊娠中のお母さんやご家族ができること

  • 乳歯は妊娠7週目からできはじめます。赤ちゃんの歯の正しい発育を促すため、妊娠中はバランスのよい食事を心がけましょう。
  • 妊娠初期や妊娠後期は食事を小分けに何度もたべるようになることがあり、お口が汚れやすくなります。
  • 口移しやスプーンの使い回しなどで食べ物をあげると、お口の細菌が赤ちゃんにうつる可能性があります。お母さんだけでなく、ご家族の方々もお口の中を清潔に保つことが大切です。
  • お母さんやご家族の歯の健康に対する意識は、お子さまのお口の健康を保つことにつながります。したがってご家族みなさまの定期的な歯科メインテナンスの受診をおすすめします。

受診の際にお持ちいただきたいもの

  • 母子手帳を必ずご持参下さい。
  • かかりつけ産科主治医からの歯科治療に関してのご意見がありましたらご持参下さい。

妊娠をお考えの方

  • 歯の治療の中には期間がかかるものがあります。しかし妊娠中はお母さんの体調変化によって通院が困難になることがあります。
  • 妊娠前にむし歯の治療や親知らずを抜くなど出来ることは早めに行いましょう。(親知らずは必ずしも抜かなくてもよいものもありますので、まずはご相談下さい)

片桐デンタルオフィス千石のマタニティ歯科の特徴

  • 妊娠中の歯の痛みに関して適切な治療方法やお薬の処方など、確かな知識をもった口腔外科認定医が対応いたします。
  • 女性歯科医師が在籍しておりますので、女性特有の変化についてお話しづらい場合も安心してご相談いただけます。
  • 妊娠中の女性に安心、安全に歯科を受診してもらえるようバリアフリー、個室などの環境や心電図付き生体情報モニタなどの設備が整っています。