千⽯駅の⼀般⻭科・⼩児⻭科・⼝腔外科

MENU

歯科麻酔

DENTAL ANESTHESIA

DENTAL ANESTHESIA歯科麻酔

インプラントや抜歯など外科治療が怖い方、全身的なご病気のある方、嘔吐反射の強い方などには静脈内鎮静法(リラックス麻酔)がおすすめです。快適で安全な歯科治療が受けられるよう、質の高い麻酔を心がけております。

静脈内鎮静法とは

静脈内鎮静法

静脈内鎮静法は不安や恐怖心を取り除き、リラックスさせることを目的としています。リラックスすることで、血圧や脈拍なども安定します。

治療中はウトウトと眠ったような状態になります。呼びかけに反応することができますが、ご本人は覚えていないことが多いです。全身麻酔とは異なり、ご自身の呼吸は保たれます。
また、入院の必要がなく、日帰りでの治療が可能です。

静脈内鎮静法が適している方

  • リラックスして治療を受けたい方
  • インプラントや広範囲の外科処置が必要な方
  • 高血圧症や心疾患などの基礎疾患がある方
  • 緊張により気分が悪くなったことのある方
  • 嘔吐反射が強い方

静脈内鎮静法の事前準備

  • 1問診と検査により全身状態の評価を行います。 問診:病歴、服用中の薬(お薬手帳をお持ち下さい)、アレルギーの有無等 検査:血圧、心電図、経皮的酸素飽和度(SpO₂)測定
  • 2禁飲食の指示を行います。
  • 3常用薬がある場合、服薬の指示を行います。

静脈内鎮静法の当日の流れ

  • 1禁飲食と体調の確認を行います。
  • 2心電図付き生体情報モニタを装着します。
  • 3鼻に酸素カニューレを装着します。
  • 4静脈路を確保し、点滴を行います。
  • 5点滴回路から麻酔薬を投与します。
  • 6リラックスした状態を確認できたら治療を開始します。
  • 7治療終了後、意識や歩行が十分に回復するまでお休みいただきます。

帰宅後の注意事項

  • 自動車や自転車の運転は控えて下さい。
  • 激しい運動は避け、安静に過ごして下さい。
  • 当日の飲酒はおやめ下さい。

片桐デンタルオフィス千石の静脈内鎮静法の特徴

  • 当院は全国でわずか318名(令和元年度時点)のみ認定されている日本歯科麻酔学会専門医が在籍しています。
  • 歯科麻酔専門医とは、認定医よりさらに専門的な知識や豊富な経験を有した歯科麻酔のスペシャリストに与えられる資格です。
  • 個室で行いますので、回復までゆっくりお休みいただけます。