千⽯駅の⼀般⻭科・⼩児⻭科・⼝腔外科

MENU
求人のご案内

小児歯科

PEDIATRIC

PEDIATRIC DENTISTRY小児歯科

むし歯にさせない、歯を失わせないために継続的なメインテナンスを行います。ホームケアの指導もいたします。

お子さまの歯はいずれ生え変わるからといって、むし歯やお口の気になる症状を後回しにしていませんか?

乳歯は永久歯の大切な道しるべの役割を持っていたり、かみ合わせやあごの発育などは全身にも影響します。
お口はもちろん、お子さまの全身の健康を守るためにも、歯科医院と一緒にお口の健康管理を行っていくことが大切です。

乳歯の重要性

小児歯科

乳歯は丈夫な永久歯が生えるための準備の役割や、永久歯を正しい位置に導くといった役割があります。その他にも、顎の骨の成長、知能の発達、正常な噛み合わせにも影響を与えます。

お子さまの歯はとてもデリケートです

乳歯は永久歯と異なり、柔らかく、むし歯になると進行も早いことが特徴です。
乳歯がむし歯になると、永久歯もむし歯になるリスクが高まるため、予防することが非常に大切です。
また、永久歯も生えたての時期は表面が粗く、むし歯になりやすい時期ですので、気を付けましょう。
むし歯かな?と思われたら、お早めにご相談下さい。

むし歯になりにくい口へ

生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中は無菌状態で、むし歯菌も存在しません。

では、なぜむし歯になるのでしょうか?

むし歯は「感染症」です。つまり、お口のスキンシップなどを通じて周囲の人からお子さまにむし歯菌が移り、むし歯に感染してしまうのです。

むし歯菌に感染しやすい時期は、生後1歳7ヶ月~2歳7ヶ月の間と言われています。この1歳7ヶ月~2歳7ヶ月の間に、周囲の人と同じ箸やスプーンを使わない、噛み与えをしないなどのお口のスキンシップを控えることで、むし歯に感染するリスクを減らすことができます。

普段の生活でお口の健康のために意識してほしいこと

  • 甘いおやつやジュースは砂糖を使わないものにする
    (キシリトール入りのお菓子、かぼちゃやさつまいもをふかしたもの、麦茶など)
  • 食べ物はよく噛んで食べさせる
  • 食べ終わった後はすぐに歯磨きをする
  • 歯を磨けない場合には水や砂糖の入っていないお茶でお口をゆすぐ など

むし歯の予防

歯磨き指導

1.歯磨き指導

お子さまが歯磨きを好きになるように丁寧に指導いたします。
歯磨き、ブラッシング指導では、むし歯を防ぐために効果的なブラッシング法を楽しみながら、歯科衛生士が丁寧に指導していきます。

フッ素塗布

2.フッ素塗布

萌出したばかりの乳歯は歯質がまだ脆弱なため、歯の表面にフッ素を塗布することにより、唾液中に含まれるミネラルを取り込みやすくすることで再石灰化を促進します。

シーラント

3.シーラント

むし歯になりやすい奥歯の溝の部分にプラスチックを流し込み、むし歯の予防をする処置です。歯を削らずに行えるため、痛み無く治療できるのが特徴です。

お子さまの癖が歯並びに及ぼす影響

次のような日常の中で無意識に行う癖や習慣が歯並びに影響してしまうことがあります。

  • 指しゃぶり
  • 片側噛み
  • 舌癖
  • 口呼吸
  • 頬杖
  • うつ伏せ寝 など

転倒して歯をぶつけたとき

お子さまは転びやすく、大人と違って反射的に手が出ないため顔から地面にぶつかってしまいます。状況に応じて、次の通り対処して下さい。

  • 1
    歯が抜けてしまった
    抜けた歯をきれいに洗い、水や牛乳に入れ直ちに歯科を受診して下さい。元に戻る可能性があります。抜けた歯は絶対に乾燥させないで下さい。
  • 2
    歯がグラグラになったり、埋もれてしまった
    隣の歯とボンドやワイヤーで固定すれば元に戻ることがありますので、早期に歯科を受診して下さい。
  • 3
    歯が折れてしまった
    神経が露出している場合がありますので、早期に歯科を受診して下さい。
  • 4
    歯がピンクがかっていたり、黒くなってきた
    強い衝撃を受けた歯は充血しピンクがかってきたり、数日〜数週間で歯の神経が死んでしまい、黒く変色してくることがあります。放置しておくと歯の根っこに膿みがたまり痛みを感じたり永久歯に影響することがあります。

一見なんともなかったり、変色の判断がつかない場合にも、早期に歯科を受診して下さい。

片桐デンタルオフィス千石の小児歯科の特徴

片桐デンタルオフィス千石小児歯科キッズスペース

  • 口腔外科認定医が外傷歯の的確な診断と治療を行います。
  • フッ素塗布は無料で行います。
  • 子供用の歯ブラシとフロスを無料でお渡しし、ブラッシング指導を行います。
  • 治療は強制的に始めるのではなく、環境や器具に慣れることから始めます。
  • むし歯が再発しないように定期的なメインテナンスをおすすめいたします。
  • アニメが流れるモニターやおもちゃなどを完備したキッズスペースがありますので、治療の前後に楽しくお過ごしいただけます。
  • 現役ママである女性歯科医師が在籍しています。お気軽にご相談下さい。

よくある質問と答え

その他どんな些細なこともお気軽にご相談ください。

歯科医院の受診に関する質問

乳歯が生える前(生後0〜6ヶ月頃)に関する質問
生まれてすぐに歯が生えてきました。異常でしょうか?

小児歯科よくある質問1

生後4週以内に生えてくる歯を「先天歯」と言います。自然に抜けて飲み込んでしまったり、舌の裏側が傷ついてしまうことがありますので、早めに受診しましょう。

舌が白っぽくなっていますがこのままで良いのでしょうか?

小児歯科よくある質問2

母乳やミルクの残りカスが舌に残っているために白くなっていることがほとんどです。拭うと取れますが、無理に取らなくても大丈夫です。
ただし拭っても取れない、白い範囲がどんどん広がっていく、などの場合は病気が原因な可能性がありますので受診をおすすめします。

歯が生えてくる前にできる口腔ケアはありますか?

歯が生える時期が近づいてきたらスキンシップを図りながら歯磨きの準備をします。清潔にした指で口の中を触り、お口の中を触れられることに慣れてもらいましょう。

乳歯列期(生後7ヶ月頃〜)に関する質問
歯磨きはいつからすれば良いですか?

小児歯科よくある質問3

乳歯は生後7ヶ月頃に下の歯の前歯から生えてくることが多いです。まずはガーゼで拭うことから始めましょう。この時期は歯ブラシの使用は感触に慣れさせる程度で構いません。1歳3ヶ月頃に奥歯が生えてきたら本格的に歯ブラシを使い仕上げ磨きを習慣付けます。

歯磨きをさせてくれません。どのように進めたら良いですか?

小児歯科よくある質問4

この時期はしっかり歯の汚れを落とすというよりは、食後に歯磨きをするという習慣づけをすることが大切です。お歌を歌ったり楽しい雰囲気の中で、少しづつ口の中を触れることに慣れてもらいましょう。

どんな歯ブラシを使用したら良いですか?

小児歯科よくある質問5

歯ブラシのヘッドは小さめで、毛先が短いものが良いです。お子様自身が使うものと仕上げ磨き用を分けましょう。1~2歳ごろは特に喉付き事故が多いので、お子様自身が使うものは柄が曲がる歯ブラシや喉突き防止プレート付きのものがおすすめです。

フロスは必要ですか?

小児歯科よくある質問6

歯と歯の間に隙間がなく詰まっている場合にはフロスを使用しましょう。子供用のフロスもありますので、ご来院の際には使用方法など指導させていただきます。

乳歯が生えそろうのはいつですか?

小児歯科よくある質問7

2歳半〜3歳頃には全部で20本の乳歯が生えます。数が足りない場合は先天欠如や無歯症などを疑いレントゲン写真を撮影しますので受診をしましょう。

いつから歯医者さんに連れて行けば良いですか?

小児歯科よくある質問8

歯が生えていればフッ素の塗布を行わせて頂きます。初めは泣いてしまってなかなかできないお子様も通っていくうちに環境に慣れ、上手にできるようになりますよ。定期的にいらしていただくことをお勧めします。

癒合歯があると言われていますが何か注意が必要ですか?

癒合歯は2歯以上の歯が結合しているものです。結合部に汚れがたまりやすいのでしっかりと磨きましょう。永久歯が欠如していることもあるので、生えてこない場合にはレントゲン写真で確認します。定期検診を受けましょう。

混合歯列期(6歳頃〜)に関する質問
仕上げ磨きは必要ですか?

小児歯科よくある質問9

6歳ごろから奥歯に永久歯が生えてきます。生え始めの永久歯は幼若永久歯と呼ばれ、溝が深く、むし歯になってしまうリスクが高いです。積極的に仕上げ磨きを行ってください。

永久歯がなかなか生えてこないのですが大丈夫でしょうか?

乳歯が邪魔をして生えてこない場合と、元々永久歯が存在していない場合があります。レントゲン写真によって診断を行いますのでご来院下さい。

乳歯がグラグラしていますがなかなか抜けません。歯科で抜いた方が良いでしょうか?

小児歯科よくある質問10

永久歯が生えて1~2ヶ月程度経過している、あるいは噛むと痛い場合には積極的に抜歯を行った方が良いと考えられます。逆に、永久歯が生えてきて1~2週間程度しか経過していない場合には不快症状がなければ経過観察でも良いでしょう。

生えてきた永久歯が乳歯より黄色いです。異常でしょうか?

小児歯科よくある質問11

正常ですので安心してください。乳歯が青みがかった白さに対して、永久歯は黄色味の強い白さです。これは歯の表面を覆うエナメル質の性状の違いによるものです。

永久歯に白い模様がありますがむし歯でしょうか?

永久歯が白くなっていて考えられる一つは初期のむし歯です。むし歯になる一歩手前の状態で、エナメル質が脱灰することにより歯が白っぽくなります。もう一つはむし歯ではなく「エナメル質形成不全」が考えられます。原因は様々ですが、フッ素を多量に摂取したり、乳歯の根の先に起きた炎症を放置していたりすると後継永久歯の色が白や茶色っぽくなったりします。エナメル質形成不全の場合は特に前歯と6番目の歯に多く見られます。
どちらの場合も通常のエナメル質よりむし歯リスクが高いため、適切なブラッシング、定期的な検診およびフッ素塗布で予防治療を行います。